回顧録

ワンコの噛み癖

投稿日:2017年8月1日 更新日:

ある日、仕事から帰宅するとリビングの一角に違和感が…あれ?よく見ると、壁の角部がかじられたリンゴみたく、壁紙はおろか下地まで露出しているではありませんか(°_°)

そう、もも太郎が噛んだ跡です。あの噛み癖の発動です。こらー!もも太郎ー!やりおったなー!新築の家に何しやがる!今晩はメシ抜きじゃー!って怒るわけにも行かず…orz

パグ

犬の噛み癖には色んな理由があるそうですが、もも太郎はちょうど歯が生え変わる時期だったので、噂に聞く歯のムズムズ感が原因なのかもしれません。

いやまさか、ストレスのせい?それともメシがまずいのか?そこそこ上質フードだが…はっ!も、もしや、ご主人様がウザいのか?( ´_ゝ`)

手にもよく嚙みつこうとします。幼犬の歯って鋭くて意外とイタイ…力は弱くてもプスっと食い込みます。血が出る時もあります。さて、どうしたもんか…

噛み癖

かかりつけの動物病院の先生に相談したところ、手に噛みつこうとしてきたら手をグーにして、その拳を口にグイグイっと押し付ければ良いとか。自分の口に入らないものと認識したら、あきらめて噛まなくなるかもとのこと。

ちょっぴり可哀想な気もしますが、手のひらを逃げるようにサッと引いてしまう方が逆に本能的におっかけてしまうらしい。ふむふむ、なるほどー。

で、さっそく試してみました。

…が、残念ながらもも太郎には効果ありませんでした。アゴが外れんばかりに意地でもあがあがと噛もうとします。はいはい、好きなだけ噛みな。あーもーいーさ…と降参モード。

しかし、手や壁を噛むぶんにはまだいいですが(良くないけど)、電源コードなんか噛んで感電なんかしたら大変です。目につく電気コード類は全てフレキ(ジャバラ状の保護材)を付けました。

フレキ

でもその後、歯がぜんぶ生え変わった頃には、いつしか自然と噛み癖もなくなりました。やっぱり歯が痒かったんだね。よかった、ストレスじゃなくて…

-回顧録
-, , , ,

執筆者:

関連記事

パグ

皮膚のトラブル

ある日、もも太郎がカビ犬になってしまいました。毛の一部が抜けてて、そこに黒っぽい発疹を発見…かかりつけの動物病院で診てもらったらカビの一種だとか…orz パグは皮膚炎にかかりやすいと聞いていたので、き …

パグ

食いしん坊

うちのもも太郎は食いしん坊です。 またその食いっぷりが笑えます。ゴハンを一気に頬張りすぎて喉に詰まらせてはオェ〜と吐きそうになり、また頬張すぎてはオェ〜、またまたオェ〜の繰り返し… 今この時をのがした …

黒パグ

去勢手術とタマ神

今回は去勢手術の話。 犬猫の去勢手術には賛否両論あるようで、私なりにいろいろ情報収集しましたが、正直どっちが良いのかわかりませんでした。 特にパグのような短頭種は、全身麻酔中の呼吸不全リスクが高いとか …

パグ

肥満と無呼吸症候群

ペットにとっても肥満は万病のもと、心臓・関節・血管・呼吸器など体の至るところに負担をかけてしまうので、おやつのあげ過ぎには注意が必要です。 特にパグのような短頭種で注意しなきゃならないのが睡眠時無呼吸 …

パグ

甘えん坊

パグってご主人様にピタッと身を寄せてくる子が多いですよね。 もも太郎は、常にご主人様の体の一部に触れていたいらしく、少しでも離れるとすぐにピタッと身をすり寄せてきます。そこがたまらなくカワユイのであり …