回顧録

食いしん坊

投稿日:2017年8月11日 更新日:

うちのもも太郎は食いしん坊です。

またその食いっぷりが笑えます。ゴハンを一気に頬張りすぎて喉に詰まらせてはオェ〜と吐きそうになり、また頬張すぎてはオェ〜、またまたオェ〜の繰り返し…

今この時をのがしたら、いっしょう食べ物にありつけないくらいの勢いです。彼にとっては、まさに生きるか死ぬかの真剣勝負なのです。

もし、家が火事になって、私とゴハンどっちを助けるかと訊いたら、キミはきっとゴハン!と迷わず即答することでしょう(´Д` )

もし、私が川でおぼれて助けを求めても、茶碗にのったゴハンがどんぶらこと流れてきたら、迷わずそっちに救命浮き輪を投げることでしょう(´Д` )

もし、私が余命いくばくもなく、最期の一日をもも太郎と静かに過ごしたいと思っても、夕方5時になれば私のことを忘れてゴハンのことでソワソワするのでしょう(´Д` )

そして、もも太郎の腹時計がコレまた正確です。ゴハンの時間のだいたい30分前になると、こっちをチラッチラッと見てアピールし始めます。

振り向き

そして、ゴハンというキーワードにもすごく敏感です。今晩のゴハン何にする?なんて夫婦で会話してると、必ずゴハンのところでピクッと反応します。

何よりもバニラの香りが大好きらしく、私がバニラアイスを食べていると「うにゃにゃにゃー」みたいな奇妙な鳴き声を出して猛烈におねだりします。もはや犬の鳴き声ではなく、人間語をしゃべりそうな勢いです。

そんな食いしん坊なもも太郎なので、可愛さ余ってついつい余分にオヤツをあげようとしちゃいますが、心を鬼にして何とか耐えています(ときどき負けてしまいますが…)

ワンコにとっても肥満は万病のモトなので、長生きしてもらうためにも節制が大切ですね。

-回顧録
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

パグ

甘えん坊

パグってご主人様にピタッと身を寄せてくる子が多いですよね。 もも太郎は、常にご主人様の体の一部に触れていたいらしく、少しでも離れるとすぐにピタッと身をすり寄せてきます。そこがたまらなくカワユイのであり …

パグ

皮膚のトラブル

ある日、もも太郎がカビ犬になってしまいました。毛の一部が抜けてて、そこに黒っぽい発疹を発見…かかりつけの動物病院で診てもらったらカビの一種だとか…orz パグは皮膚炎にかかりやすいと聞いていたので、き …

パグ

肥満と無呼吸症候群

ペットにとっても肥満は万病のもと、心臓・関節・血管・呼吸器など体の至るところに負担をかけてしまうので、おやつのあげ過ぎには注意が必要です。 特にパグのような短頭種で注意しなきゃならないのが睡眠時無呼吸 …

黒パグ

去勢手術とタマ神

今回は去勢手術の話。 犬猫の去勢手術には賛否両論あるようで、私なりにいろいろ情報収集しましたが、正直どっちが良いのかわかりませんでした。 特にパグのような短頭種は、全身麻酔中の呼吸不全リスクが高いとか …

パグ

ワンコの噛み癖

ある日、仕事から帰宅するとリビングの一角に違和感が…あれ?よく見ると、壁の角部がかじられたリンゴみたく、壁紙はおろか下地まで露出しているではありませんか(°_°) そう、もも太郎が噛んだ跡です。あの噛 …